• イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像

ダンケからのお知らせ

2016119181030.jpg

愛しい人に気持ちを込めて。


こんにちは、寒い日が続きますね。雪もすごくて心から冷えていきそうな毎日です。
ですが今は1月末、もうそろそろあのイベントがやってくる!日本人の男性諸君は誰しも浮足立つ日ではないでしょうか。2月14日のバレンタインデーです。

けれど知っていますか?日本では女性がチョコを贈る習慣が当たり前だと思われていますが、海外ではそうではありません。
実はバレンタインは、西洋では男性が女性へ花などを贈る事がポピュラーな行事なんです。

もともと「聖バレンタイン」とは、キリスト教の司祭の名前です。
ローマ帝国の時代、最愛の妻を残し戦場に行く事を嫌がる若者が多い為にローマ皇帝は若者達に結婚を禁止しましたが、聖バレンタインは、そんな若者達の為に、皇帝に内緒で結婚をさせていました。
ところが皇帝がその事を知り激怒して聖バレンタインを処刑したのです。
その日が西暦269年2月14日、聖バレンタインは投獄されても牢獄のなかでも愛の素晴らしさを問い続けました。
聖バレンタインは、目の見えない女性が看守として居たんですが、そんな彼女のために毎日祈りました。彼女の目が見えるようになりますようにと。
結局はその事が原因で最終的に聖バレンタインは処刑されてしまいましたが、バレンタインが祈りをささげ続けた盲目の彼女の目は奇跡的に見えるようになったのです。
バレンタインは処刑される前に、「あなたのバレンタインより」と目の見えなかった彼女に手紙を手渡したとされています。

その事が由来して、2月14日には男性が好きな女性に、愛の手紙を渡すようになったそうです。
このバレンタインのエピソードは次第にヨーロッパに広がりました。  もともとはバレンタインは男性が女性に愛の気持ちを伝える日だったのです。
バレンタインという日は女性だけが気持ちを伝えれる特権の日ではありません、みんなに平等に気持ちを伝える権利が与えられる日なのです。
もし良ければ普段勇気が出ず気持ちを伝えれない方、普段気恥ずかしくて奥さんに感謝を伝えれない方、そんな人たちもご一緒にバレンタインのイベントにあやかってみてはいかがでしょうか。


そんな男子達に『手づくりの部屋ダンケ』からのご提案です。

2月14日にプリザーブドフラワーを好きな女性にプレゼントしませんか?
【プリザーブド】とは保存すると言う意味です。 新鮮な摘みたてのお花を枯れないようにバイオ加工します。
生花との違いは半永久的に瑞々しく咲き誇っています。 プリザーブドフラワーのプレゼント、いかがでしょうか、半永久的に残る素敵な思い出になりますよ。
好きな女性のハートをしっかりつかまえることができるかも。

お問い合わせ

プリザーブドフラワー・商品・サービスに関するお問い合せは下記よりお気軽にお寄せください。

TEL:09020007878の (お電話受付時間:平日11時〜20時)

http://www.danke-handmade.com/contact/forms/index/1 (メールフォーム)