ホーム>スタッフブログ>2018年6月

2018年6月

新築祝い。

2018637211.jpg20186372141.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です
少しずつですが、お花のお仕事やホットペッパーやリピーターの方達が痩身のキャビテーションの予約が入って来るようになりました。 加工のご依頼や仏壇のアレンジに続き今回は新築祝いです。 プリザーブドフラワーのアレンジとハーバリウムのオーダーを頂きました。 今日も感謝の1日です。 本当にありがたいです。気に入って頂ければ嬉しいな。

幸福の象徴

2018637147.jpg20186371424.jpg20186371434.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です

この前、渥美半島に行った時に幸せの鐘の近くで変わったクローバーを見つけました。 四つ葉は勿論、五つ葉や六葉のクローバーも見つけました。 それ以来、広島でも三つ葉以上のクローバーを見つけることが増えた気がします、気のせいかもしれませんが。
今日も北広島で見つけたクローバーをお友達が送ってくださいました、何だか直ぐそこまで幸せが近づいてる気がするから不思議です!
本当に、今からは幸せが待っていると思うんです。 皆さん楽しみに待っててください!皆さんにも幸せのお裾分けです!

お墓参りと幸せの鐘。

2018525234816.jpg2018525234826.jpg2018525234837.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です!
先日の日記で娘に誘われた名古屋に本当に行ってきました!せっかくなので、シロちゃんのお墓参りもしたいと思い、一年越しにようやくシロちゃんに会いに行きました。
お墓の写真は罰当たりな気がしたので撮っていません。
けれど、お墓にシロちゃんの名前を記せる旗を購入し、立ててきました。
少しでも私たちの気持ちがシロちゃんに届けばいいなと思います。

シロちゃんのお墓参りの帰りに、伊良湖の夕焼けを眺め幸せになる鐘を撞いてきました。
本当に幸せになる気がするから不思議ですね、みんなにも幸せがいきわたりますように。

BIGBANG

2018525234315.jpg

 

 

 

 

 

こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です。
娘が名古屋に旅行に行きました。 沢山名古屋での写メを送って来たのですが、私の一番のお気に入りはBIGBANGの等身大パネルです。
実は私だいのBIGBANGのファンでして、ライブも大阪や福岡辺りなら愛車でこっそり行ってます。
今年に入ってBIGBANGのメンバーは一人を残し皆2年の兵役に行っちゃいました。
兵役が終わるまでさみしいけど辛抱です。

娘はもう少し名古屋にいるようで、私も行くか悩んでしまいます。

驚き桃の木みかんの木。

2018525233543.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です。

ガーデニングとまではいかなくとも、私は草花を育てるのが好きでダンケの周りでいろいろな苗木を育てています。
昔レモンの木を買いました。すくすく育ってくれたレモンは可愛らしい実をつけてくれて、ちょっと嬉しい気持ちだったのですが、実はこれ、レモンではありませんでした。

この木昨年も実はついたのですが、とても小ぶりで数も少なかったため味見することなく終わっていました。
けれど今年は、ダンケに通ってくださっているお客様が、いらないなら欲しいと仰ってくださったので、実もたくさん成りましたしと収穫した分をお客様に差し上げました。
 

ですが実はこれレモンではなくてみかんだったのです。
実を持って帰ったお客様が、これレモンではないよ!と教えてくださいました。しかも「甘いから食べてみて!」と言っていただき、肥料も何もあげていなかった木だったので恐る恐ると一つ実を食べてみたのですが。これがびっくりするくらい甘くておいしかったです。

毎日水を上げるだけだった木だったので、味が甘くなったことにも驚きました。
一番驚いたのは、レモンの木として買ったのにレモンではなくみかんだったことですが!
今年はもっときちんと手入れをして、来年の収穫に向けたいと思いました。

仏花。

2018525233136.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、手づくりの部屋ダンケの山本です。
今回のオーダーは仏花のアレンジでした。 去年、最愛のご主人に先立たれたお客様です。
去年亡くなられた時は気持ちに余裕もなく仏壇の周りにお花を飾ってあげようと思い描く事もなかったそうですが、一年が経ちやっと心の整理もついたので、気持ちにお花を飾る余裕が持てたらしいです。
お客様曰くご主人の死を認めたくなかったそうです。 凄く愛してたんですね。 本当に心から羨ましく思いました。
歳を重ねても色褪せない想いって素敵ですね、そんな奥様の心も彩れるようなお花になればいいと思います。