ホーム>婚活・手作り結婚式>男度アップ・女子力アップ

男度アップ・女子力アップ

男度アップ、女子力アップ

初めに

ダンケで企画するセミナーは、人間力をUPする為のコミュニケーション型セミナーです。

当店では婚活に参加する前に、希望者様に限りセミナーを開校する予定となっています。
自分に自信が無い方に、自信をつけていく事から始め、素敵な出会いを探そうという企画です。

セミナー概要

  • 中々出会いがない方。
  • 自分に恋人が出来るかどうか不安だという方。
  • 出会いはあっても自分に自身の無い方。

そんな風に悩んでいる方が多い世の中。悩みを消化し自分の魅力に気づいて、
素敵な未来を勝ち取る為に恋愛力をUPする為のセミナーを行います。
※希望者様に限ります。

自分に自信のある魅力溢れる人になるためのポイントをお伝えしたいと思います。

目標

  • 今の自分を知ることから始める
  • 外見を磨き、清潔感を身につける
  • 自分に似合う髪形や服装についての模索
  • 会話訓練によるコミュニケーション能力アップ

スケジュール

セミナースケジュール.jpg
1回目 自己紹介とカウンセリング
自己紹介では自分の長所短所を挙げていただき、
今後の目標も考えていただきます。
2回目 自分磨き
外見の改善や、買い物の方法を身に付けていただきます。
3回目 1~2回目までのセミナーで慣れたスタッフと体験デート
この時に異性アドバイスを伴った買い物練習を行います。
※男性はエスコート練習を行います。
4回目 反省会とグループセッション
 

外見を磨く(清潔感を身につける)

講師の方に話をしていただき、清潔である事が如何に大事かを皆さんに伝える事から始めます。

清潔にする方法の教授.jpg
1.清潔にする方法の教授

個々の趣向に合わせたシャンプー、ボディソープ、洗顔石鹸などをアドバイス致します。
商品に合わせたお手入れの方法を教えます。
肌が荒れている方には、肌に良い食べ物、ストレッチ等もお教えします。

ステキな表情作り.jpg
2.素敵な表情作りの練習

好印象を持たせる笑顔の作り方や暗く見えない表情の練習をします。
明るい印象を与えられる魅力的な表情作りを目指します。

服装チェック.jpg
3.服装や髪形チェック

ご本人様に合った服装を一緒に考えていきます。
お持ちの服や靴でコーディネートを考え、自分で自分に合った服装を選べるよう
練習します。

4.ヘアメイクのアドバイス

女性に限ります。
お手持ちのメイク道具があればご持参下さい。無い場合は此方で用意します。

企画体制

1回のセミナーは最低3人~最高6人までのグループセミナー。
スタッフは当店店主と講師を含めて4名。デートセミナーは日をずらし1人ずつ行います。
全員デートセミナーを終えた後に、反省会を含めてのグループセッションを行います。
 

セミナーデート.jpg
セミナーデート

当店スタッフとのセミナーデートで、自分の長所短所を探ります。
対人での会話、デートの流れなどを体感していただきたいと思います。

セミナーデートはお客様の予定に合わせた1対1のもの。
終えた後は、当店スタッフがお客様とのデートでの反省会までに、良かったこと、
悪かったことをまとめさせて頂きます。

グループセッション.jpg
反省会

反省会はグループセッションとなります。

セミナー参加者様全員でお話をし、自分達の意見を出し合う場とします。
※セミナーは男女別となります。
 

ダンケセミナー講師


201521323515.JPG
色彩運命カウンセラー 吉田有香

学校で保健室の先生として活動後、色と真理の世界に魅かれ、カラーセラピストの道を歩む。
2012年イギリス・デヴオーラにて、英国オーラソーマ社公認ティーチャー&カラーケアコンサルタントの資格を取得。
中国新聞文化センター、カルチャーセンターで講師を経験。

現在、カラーセラピスト要請講座、セミナー、個人カウンセリング、尾買い物同行スタイリングを展開中。

 


20152140121.jpgのサムネイル画像
Holly行政書士事務所 行政書士 野元 恵水
結婚契約書を広島から発信している女性行政書士。
アメリカ人と国際結婚し、4児の母。
 
プレナップとも呼ばれ、欧米では広く知られている「結婚契約書」。
結婚の形態が多様化し、さまざまなパートナーとのかかわりが生まれている今、結婚、国際結婚、同性婚、再婚、事実婚の5つのコースを設け、
それぞれのニーズに応じた契約が結べるように対応。結婚はゴールではなくスタート。契約を交わすことで本当の意味でパートナーと円満な生活が送れるように、将来的には遺言や相続まで視野に入れた、息の長いサポートを行っている。
 
結婚も愛し合うパートナーとの「契約」。
契約は相手を縛るものではなく、お互いを尊重し合うための約束を交わし、きちんと書面に残すこと。二人が共に歩んでいくうえで大切にしたいことは何かを共有するきっかけにしてほしいです。